Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

ブラン・クチュールの本革ロディアカバーがリーズナブルで使いやすい

      2018/04/07

先日のFREITAG手帳のエントリーに続き、文房具ネタをもう1件。ブランク・チュールという革雑貨店のロディアメモカバーの紹介です。昨年秋頃に購入して以来、半年近く使い続けていますが、特に不満も無く今に至っています。
【楽天市場】【RHODIA本革ロディアカバー No.11サイズ】【即納OK・メール便対応OK】メモカバー:手作り革雑貨 ブラン・クチュール
   

ブラン・クチュール RHODIA本革ロディアカバー No.11サイズ

メモ帳の検討

仕事/プライベートに関わらず常にメモ帳は持ち歩くようにしています。ただこのロディアカバーを買うまでは特にメモ帳に拘りとかなく、いろいろ使っていたんですね。それこそモレスキンのような高級仕様のものから100均で買ったもの、お店のノベルティでもらったものから会社の取引先にもらったものまで、とりあえず1冊使い切ったら別のストックに切り替えるという感じでやってました。(あ、あと一時期スマホでメモを取ろうとしたことがあったけれど3秒で挫折しました。動きもっさいし。)ただそういう運用でやろうとすると以下のような不満なことがあったんですよ。

  • 1ページに複数の情報が混在してしまう。
  • 前のページに情報が埋もれていってしまうことが多々ある。
  • メモ帳を移行する期間に両方のメモ帳に複数の情報が混在する。
  • (モノにもよるけれど)メモ帳なのに持ち運びがメンドイ。

以上のような理由から、今後使用するメモ帳を統一することに。そうして以下のポイントから絞りこんでいきました。

  • メモ帳は統一する。使い切ったらまた同じものを使う
  • メモ帳はページ毎に切り離せるタイプとする。
  • 1ページのサイズは大きすぎない。(1ページ-1情報で運用できるのが丁度良い。)
  • ハンディタイプであること。(ケツポケしたい)

そんなわけで必然的に絞られたのがロディアNo.11でした。定番ですね。(あと安い!)ただこれをそのまま持ち運ぶというのはちょっと嫌だなと思ったので併せてカバーも探すことにしました。

ロディアカバーの検討

探してみるとロディアのカバーはそれなりにありそうだということがわかりました。検討の際に決めたポイントはこんな感じです↓

  • 革製品であること。(使い込む程に味が出るのが魅力。傷が付いても様になるので。)
  • 常時持ち歩くのでタフな作りであること。屋外でも使うので多少濡れても問題ないこと。
  • ペンホルダーがあったら良い
  • 予算は3,000円程度

以上の観点から絞り込んで見つけたのが、ブランク・チュールのロディアNo.11用本革カバー。サイズは7色展開しており、僕がチョイスしたのはチョコレート。ペンホルダー付き。お値段も2,980円とリーズナブル。こちらがその写真↓(色味もできるだけ実物に近くなるよう撮影しています)

素材はヌメ革を使用しており、丈夫で長持ちできるのが特徴。またエイジングも楽しめるとのことです。サイズは縦115×横85mm、未使用のロディアをセットしたときで厚みは17mmでした。

ロディアをセットしてパカッと開けるとこんな感じです。サイズ的にも手に丁度良いのと、革なのでグリップも良い感じ。

ペンホルダーもあるのでボールペンを挿してます。

ボールペンは”トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペンエアプレス”というもの。ペンホルダーへのはまりもピッタリ。長さもカバーと同程度なので、ケツポケしたときに変なひっかかりとか無くて良いです。ボールペン自体の特徴としてはこんな感じで、まさしく現場用途↓

●ノックのたびに圧縮空気を作り、インクを押し出すトンボ独自の加圧機構「APS(エアプレスシステム)」でカスレ・トギレなく書けます。上向き筆記,速書き,湿った紙への筆記も可能。●ノック加圧機構が見える加圧インジケーターで常に加圧を確認できるので現場での筆記を安心して行えます。 ●携帯に適した全長122mmのショートボディ。 ●しなやかさと強靭さを兼ね備えた強力ワイヤークリップ。


以上、ブラン・クチュールの本革ロディアカバーの紹介でした。3,000円弱という価格と今後も長く使用でできそうなことを考えると、かなりリーズナブルかつコストパフォーマンスも高いと考えています。オススメの一品です。

 

 - ・革製品 ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

無印良品のヌメ革名刺入れを買いました

無印良品のヌメ革名刺入れを買いました。入社してから、同じく無印のアルミカードケー …

WILDSWANSの手帳カバー”ADVANCE-S”を買いました(リフィルはDELIFONICS A6手帳を使用)

毎年お気に入りの手帳を探しては買って、でも何か違うなとなり使わないことがよくあり …