Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

レコードラックにぴったりはまるCDラックを自作した

      2017/04/09

レコードやCDを購入すると気をつけないといけないこと、それは収納スペース。

僕の場合、IKEAで買った棚(EXPEDITだったかな?)がレコードにぴったりサイズなのでこちらを愛用しています。ただCDに関して言うと、きちんと収納しているわけでもなく、100円ショップで買ったケースに入れてそれを無造作にラックに突っ込んでおく有様。まあ当然ながら見た目も良くないし、探しづらいというデメリットがあるわけです。(こんな感じです↓)

そんなわけでレコードラックにうまくはめ込めるようなCDラックがないか探してみたけれど、全く見つからず。しょうがない、それならDIYだ!ということで自分で作ることに。

採寸&図面

そんなわけでまずは採寸&図面作成。レコードラック1区画のサイズは、約335×335×390。そこにうまくCDを入れるとしたら手前&奥×上下2段の構成にするのが良いのではと考えました。それを基に必要なパーツを考えると、以下のようになりました。

パーツA:横330×縦175の板 × 4枚

パーツB:横140×縦175の板 × 8枚

パーツC:横330の板 × 4枚 ※縦方向の寸法はカットする部材によって変わってきますが、部材の厚み以上の寸法があればOK

次に部材の購入です。最近ではホームセンターで定形寸法の木材を購入し、これをカットしてくれるサービスがあります。僕もこれを利用しました。ただお店によって定形寸法が異なるため、カットの仕方は上手く指示した方が良いと思います。

ちなみに、最初に利用したお店では910mm×235mm×19mm、2回目に利用した別のお店では180mm×250mm×18mmの定形寸法で売ってました。それを踏まえて引いた図面がこちら↓ 前者ではレコードラック1区画分、後者では2区画分取れます。

910×235

1800×250

これを基にお店の人にカットを依頼。無事(?)部材を購入できました。

組み立て

パーツAの両端にパーツBを載せ、釘を打ち込みます。次にパーツCを裏から合わせて、パーツBと釘を打ち込みます(中央1カ所でOK)。特にテクニックとかはないですが、釘がぶれないように打ちましょう。あとは上手くツラを合わせましょう。

こんな感じに組み立てます↓

これを4セット組みます。そしてこんな感じに置けばできあがり↓

設置

こんな感じでぴったりハマります↓ (ちょっと立て付けが悪いのはご愛嬌)

CDを入れるとこんな感じ↓ 紙ジャケットは上段に入れてあげましょう。下段に入れると、上段を引き出すときに手を突っ込みにくくなるので。

2区画分を並べてみた↓

一般的なCD(厚み10mm)であれば、32枚×4セット=128枚収納できる計算なので、けっこう大容量。

以上、レコードラックにぴったりハマるCDラックを自作したというエントリーでした。よろしければ試してみて下さい。

※ただし寸法等について決して保証しているわけではなく、またレコードラックの寸法によっても変わってきますので、製作する場合は自己責任でお願いします。

 - ・DIY ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

人生8度目の引っ越し真っ只中

絶賛引っ越し休暇取得中のちんちくりんです。 先週末から昨日にかけてフィジカルな移 …