Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

DJみそしるとMCごはん “ジャスタジスイ”を聴いた

      2018/04/08

今年に入ってからDJみそしるとMCごはん(愛称 おみそはん)が気になる存在になりつつある。きっかけはZEN LA ROCKの10周年記念ミックス“10th ANNIVERSARY MIXXX “(過去レビュー)で、彼女がシャウトで参加していたこと。それまでは「DJみそしるとMCごはん?フザケタナマエノアーティストダナー。軟弱そうなアーティスト興味ないし。 」とか思っていたのだけれど、ZENLA氏のミックスを聴いて、「えっ、女の子!?しかも一人なの??」という2重の驚きがあり、YouTubeでまず視聴したのが”ごちそんぐDJ”という番組。内容もさることながら、出演しているのがZEN LA ROCK、鎮座ドープネス、SU(RIP SLYME)って、何なのこの胡散臭さしかないメンツは!?と思ったのがほんの1ヶ月前。ある意味、これは信頼できると。

さらに興味を持って調べていくと、おみそはんが女子栄養大学の出身ということもわかり、自分の身内もそこの卒業生だったりで勝手に親近感を覚え始めていました。(実家も栄養大に近いし。)そしてトドメとなったのが、本アルバムで片想いと共演しているという嬉しすぎるニュース。”おいしいものは人類の奇跡”をモットーにしているおみそはんと、かたや東京ナンバーワンパーティバンドを自称する片想いのコラボ、絶対悪くなるはずがないじゃんかと!そうして届けられたのがアルバムのタイトル曲にもなっている”ジャスタジスイ”。来たよ、名曲!

かってこんな楽しい自炊讃歌があっただろうか!料理と自炊への愛に溢れまくっていて、『あー本当にこの娘は料理好きなんだな。食いしんぼうなんだな。』って思わずにはいられない。片想いとのコラボも予想以上の相乗効果を生んでいて、これ今後、お互いの代表曲になっていくんじゃないのかなぁ。三者三様のリリックも素敵だけれど、個人的にはオラリーちゃんの「アイアムお菓子マイスター」のパンチラインは何度聴いてもやられてしまうな。

あと特筆すべきはPV。巨大化したおみそはんが闊歩してたり、片想いの二人がコントしてたり、もろもろの有名人が自炊していたりと楽しいけれど、個人的には知ってるスポットがいろいろと出ていたのが嬉しかったりする。彼女の出身でもある女子栄養大のある若葉駅(東武東上線!)や川越のメインストリートのクレアモールだったり、その途中にある丸広百貨店やリサイクルショップだったり、観ていて『あー、これあそこじゃん!』ってのがちょいちょい出てきておもしろい。ちなみに丸広の屋上にはわんぱくランドなる遊園地と観覧車があって、川越ランデブーのPVではユザーンとレイハラカミ氏がここではしゃいでる姿が見れます。(いっそユザーンときんぴらorカレーの曲をコラボして作ってほしい)

このアルバムのトピックとして、もろもろのアーティストとコラボが挙げられると思うんだけれど、個人的に良かったのが、NORIKIYOとのM3″のり弁”、M7ラストのスチャダラパーSHINCOのトラックによるM7″あの素晴らしい味をもう一度”。

“のり弁”のクレジットで最初にNORIKIYOの名前を見たときは意外だなと思ったけれど、鎮座ドープネスやZEN LA ROCKと同年代であることを考えると、ちょうどこの世代くらいのラッパーからは妹分的な感じで可愛がられてるんだろうね。NORIKIYOだけに”のり弁”を取り上げているんだと思うんだけれど、いきなりNORIKIYO流”のり弁の作り方”からリリックが始まったのはちょっとびっくりした。『飯食いにガストでもどう?』とラップしていたNORIKIYOの新たな一面を見れたのはおもしろい。

“あの素晴らしい味をもう一度”は、タイトルだけ見たときは『あー、タイトルの元ネタは”あの素晴らしい愛をもう一度”ね。』と思っていたら、まんまサビのメロディーまでサンプリングしていて笑ってしまった。もう最高さしかないです。この素晴らしい味を味わいたくて、1曲目の”ジャスタジスイ”をおかわり(リピート)してしまうんだな。

実を言うと、おみそはんの楽曲はこのアルバムとYouTubeにUPされてる曲ぐらいしか聴いてないのだけれど、なかなか面白くて今後にかなり期待しています。フェイバリットアーティストとしてPSGを挙げているけれど、おみそはんもヒップホップの何でもあり感を体現していて、今後さらに化けていくんじゃないのかと。まずは一回ライブを観てみたいな〜

2015.5.18追記
1015/5/17に上野恩賜公園 不忍池水上音楽堂で行われたパンダ音楽祭に参加して、おみそはんのステージを観てきました。(もちろん初めて!)

演目は”ピーマンの肉詰め”、”PIZZA”とか。ライブの序盤にはキュ○ピー3分間クッキングの曲が流れ、何かと思ったらステージで料理を行うという企画も。ずばりアイスクリームを作るということで、ミルク等の材料を入れたカップを塩氷水の容器に入れ、観客にライブ中しゃかしゃか振らせておりました。そのままライブは進行し、終盤には見事アイスクリーム完成、最前列にいた子供に食べさせていたようです。あと個人的に聴きたかった”ジャスタジスイ”も当然ながらプレイしていました。片想い来ないかな〜とか密かに期待していたのですが、今回はソロでした。その代わりコール&レスポンスで巧く盛り上げていたけれどね。ラストは”あの素晴らしい味をもう一度”。最初のサビのところで、心なしか観客が笑っていた気がするのは気のせいだろうか。ライブはトータル30分程度であっという間に終わった感じだったな。またそのうち観に行こう。

 - ・音盤紹介 , , , ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
Herbest Moon – Reachin’ / Still Reachin’

ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)とWHACALLによるハウ …

Shamek Farrah And Folks – La Dee La La

久々のレコード紹介はお気に入りの1枚、Shamek Farrah And Fol …

Fishmans – Chappie, Don’t Cry

お気に入りの1枚をレコードでゲットしたのでご紹介!みんな大好きフィッシュマンズの …

haruka nakamura – grace

2008年にリリースされたharuka nakamuraの”grac …

no image
Uyama Hiroto / Nujabes – Homeward Journey

 Nujabes eternal soul、Metamorphose2010にて …

no image
SMASH 4 – ANNUI DUB : THANK YOU VERY MUCH MY FRIEND

THA BLUE HERB 帰還、ということでTBH関連でいちばん好きな曲を紹介 …

EVISBEATS – いい時間 / ゆれる feat. 田我流

最近、個人的に田我流が激アツです。2ndアルバム”B級映画のように2 …

原田茶飯事 & EXPRESSO CANSAI “太陽”を聴いた

春ですね。だいぶ過ごしやすくなってきました。気候も穏やかな陽気の日になると聴きた …

Nujabes “Lady Brown”

アナログ紹介も2枚目です。今日紹介するのは、Hydeout Production …

王舟 -賛成/Thailand

ここのところ中古品ばかりだったけれど、たまには新譜を紹介。王舟の”賛 …