Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

バルと和の融合!?バルセロナのDOS PALILLOS(ドス・パリージョス)で食べた!

      2017/05/26

DSC04418

旅行のエントリーも5本目、ちんちくりんです。

スペインへの新婚旅行も決まり、どこへ行こうかいろいろプランを練っていた出発3週間前のこと。テレビ東京で『日本食堂8』 という番組がやっていた。

世界の秘境で大発見!日本食堂8: 番組情報 : テレビ東京

 

 

 

この番組で、バルセロナのバルと、ある日本人シェフが取り上げられていた。バルの名は『DOS PALILLOS(ドス・パリージョス、二本の箸の意)、シェフは染川武司さんという方。スペイン料理の修行のため22歳で単身スペインに渡り、門戸を叩いてレストラン『エル・ブリ』で働くことになる。『エル・ブリ』は”世界一予約が取れないレストラン”と言われ、そこで働く料理人も毎年2/3が入れ替えさせられるみたいなことを言っていた。見習いで飛び込めたのは運こそあれど、2年目以降もそんな厳しい競争の中で残り続けることができたのは、染川さんの実力と情熱があればこそ。実際に会って、この人の料理を食べてみたいなと思った。

残念ながらエル・ブリは2011年に閉店してしまったけれど、染川さんはメインシェフとして今はバルセロナのDOS PALILLOSで働いている。そんなわけでバルセロナへ行った僕らはこの機会を利用して、DOS PALILLOSへ行ってきました。お店は、バルセロナのカタルーニャ広場から徒歩で5分くらいのとこ。靴メーカー、カンペールが経営するホテルの隣。

// dos palillos //

 

 

 

お店のコンセプトは”asia and spain“、HPには「the aim of this new concept is to blend the philosophy of spanish tapas with the tapas of asian gastronomy.」(この新コンセプトの目的はスペインのタパスの哲学とアジアの料理法をブレンドすることだ。by俺訳)とあります。もちろん食事は箸で。お店に入ると、手前側はカウンターになっていて、いわゆるバルといった感じ(イスはあります)。奥は厨房になっててその回りがコの字型のカウンターになっており、こちらはレストランという扱いかな。バルは予約が不要で、レストランは予約が必要。バルはアラカルトで、レストランはコースメニューらしい。僕らは予約してなかったので、バルの方にお邪魔しました。

DOS PALILLOS(ドス・パリージョス)

とりあえず注文したメニューはこんな感じ↓ HPにメニュー名が乗っていたのはそれも記載しています。

DSC04400

cherry tomatoes in tempura batter

トマトの天ぷら、ワサビがいい感じ。

DSC04401

large grilled oyster with sake

メニューを見たときはてっきり牡蠣の酒蒸しだと思ってたんだけど、日本酒はほとんど飛ばしておらず、牡蠣は生に近い。意外なおいしさ!大ぶりなのもグー

DSC04405

tender vegetable wok

中華炒め。味付けが絶妙。にんじんがかわいい。

DSC04408

raw shrimotails with cooked heads and tea oil

頭は焼いて、尻尾は生で不思議な感じ。だけど美味しい!ワインも進む! ちなみに『日本食堂8』でも取り上げられていました。

DSC04404

braised eel temaki

そしてこれ、うなぎの寿司です!『日本食堂8』でネプチューン名倉が食べて感動していた一品。うなぎを真空パックする調理法で、日本ではこんなことやらないだろうって感じで見てました。そして食ってみてぇと!海苔としそで巻いて頂きます。うなぎの味が凝縮されてて、ヤバい美味しい!バルセロナまで来て食べれた甲斐ありました!

ちなみに料理も良かったですが、お店の雰囲気だったりスタッフの対応もすごい良かったです。店に入ったとき、カウンターのスペースが一人分しか空いてなかったですが、スペイン人の店員さんがお客さんに言って詰めてもらって二人分のスペースを空けてくれたりして、ちょっと感動しました。(どこのバルでもあんまそんな感じはなかったので。)

あとお店には日本人がもう一人いて、それがソムリエの井町珠恵さんという方。バルの方にも出てきてたので話す機会もありましたが、盛り上がったのはやはり『日本食堂8』の話。何でも、僕らの行った前日に、日本から送られてきた映像を観たとのこと。なんてタイムリーなんだ!と興奮しました。

最後、店を出るときに井町さんの計らいで、染川さんとも会えることに。(染川さんは奥のレストラン側でずっと調理してたのです。)テレビ観たことと、料理が美味しかったことを伝え、写真撮影をお願いしたら快く快諾してくれ、厨房の中で一緒に撮らせてもらいました!ホントに良い経験でした!バルセロナに来たら、また行きたい!次はレストランのコースも堪能したいと思います。

 - ・海外旅行, [グルメ] , , ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

岡山の小料理屋 “ごう原”のコースを頂いた

ごう原 2泊3日の岡山旅行中、”ごう原”さんという小料理 …

金子半之助の江戸前天丼を喰らう

先日スペアザのライブを観に行った日のこと、前々から行きたかった日本橋の天丼屋、金 …

熊本の大仙で二郎インスパイアのラーメンを喰らう

こんばんは。明日は休みなので今日はのんびり過ごしています。(土曜が休みならWIR …

ジャンクガレッジのまぜそばを喰らう

前々から行きたいなぁとは思いつつ、その土地柄か、なかなか行く機会のなかったラーメ …

スペインバルセロナの台所、ボケリア市場へ行きました

今年の4月にフランス、スペインに新婚旅行に行きました。そのときのエントリーを↓に …

つけめんTETSU(品川店)の特製つけ麺を食べた

先日”Nujabes Eternal Soul“へ行く前 …

箱根神社のお休処、権現からめもちで”俺のうどん赤”を食べた

U-1グランプリなるイベントがある。僕は知らなかったのだけれど、日本全国のうどん …

阿蘇のらくだ山で炭焼地鶏を食べる

『Mr.シューマッハ まずは優勝おめでとうございます。ところであれが阿蘇山でござ …

渋谷 カンティプールでキーマカレーと野菜カレーのハーフ&ハーフセットを喰らう

三連休最終日は11時くらいに起きてから、荷物をまとめ東京へ。熊本へ帰るためです。 …

no image
Reg-On Diner

 フィッシュマンズのライブの翌日、恵比寿は”吉柳“までス …