Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

FUKUNE MUSIC FES 2014 @福地温泉に参加してきました!

      2018/04/07

FUKUNE2

岐阜県は奥飛騨福地温泉の「昔ばなしの里」で行われたFUKUNE MUSIC FES 2014へ参加してきました。

 

まず始めに、FUKUNE MUSIC FES とはこんなフェス(公式HPより)↓

FUKUNE MUSIC FES 温泉浴×森林浴×音楽浴 北アルプスの麓、わずか12軒の旅館が寄り集まった小さな山里の集落、福地温泉。 そこはただただ静かで、賑やかな温泉地とは一線を画した、特別な雰囲気に包まれています。 豊富な雪解け水が流れる美しい渓谷、一帯を包む眩しい新緑、澄んだ空気、そして秘湯。 FUKUNE MUSIC FESは、最上級の温泉地、福地で開催される新しい音楽フェスです。 会場は福地温泉の中心「昔ばなしの里」。

温泉大好き、音楽大好き、また飛騨はおろか岐阜すら行ったことのない自分としては、このフェスに惹かれるところが多々ありまして、さらにさらに自分の大好きなアーティストも出るとなれば、これは是非行かねばなということで嫁と一緒に参加したわけです。 (まあいろいろ書きましたが、「温泉浴×森林浴×音楽浴」というコンセプト最高じゃん!ていうのに尽きますね)

福地温泉到着

僕の住んでる神奈川西部から福地温泉までは車で5時間程度。当日移動してこれないこともなかったのですが、ゆっくり市内も観光したい&フェス開始から参加したいということもあり、高山市内で前泊することにしました。高山市内から福地温泉まではゆっくり走っても車で一時間半弱。そして10時半過ぎには福地温泉まで到着。出発したときにはぽつぽつ降っていた雨も現地に着くとスコーンと晴れていました。

湯庄 福地館

この日、お世話になったのは『湯庄 福地館』さん。早すぎるチェックインにも関わらず部屋まで入れて頂き助かりました。食事の時間についても、いろいろとご配慮頂き、本当にありがとうございました。
※今回僕らが購入したフェスチケットは福地温泉宿泊者対象の早割券。1枚3,500と安く設定されており、宿泊料金+αでフェスも参加できるみたいな感じだなと個人的には思いました。

 

奥飛騨温泉郷 福地温泉 旅館 湯庄【福地館】◇源泉かけ流しの温泉と郷土料理の宿

 

 

 

福地温泉 舎湯(やどりゆ)

荷物を置いた僕らはとりあえず会場となっている「昔ばなしの里」へ。(徒歩5分の近さです!)ただ開場が11時半なのでまだ準備中でした。そんなわけで次に向かった先は足湯のできる「福地温泉 舎湯」へ。‘やどりゆ’と読みます。古民家を改築したものらしく、囲炉裏のあるお座敷の奥には足湯ができるスペースがあります。外の山景色を眺めながら足をお湯にひたすと、飛騨までの長旅の疲れも癒えていくようでした。

FUKUNE MUSIC FES

そうこうしているうちにフェスも開場したので、僕らも会場へ向かいます。会場ではチケットと引き換えにリストバンド&もらい湯手形をもらいます。もらい湯手形こそ、このフェスの特徴で、これを使って福地温泉地区の温泉へライブの合間に入りにいくことができるわけです。温泉の種類は公式HPにもありますが、この中から選べる感じになっており、なかなか良さげです。自分の泊まる旅館だけでなく、その他の旅館にも温泉を浴びにいこうという企画ですが、地域一体となって盛り上げていこうという姿勢が見られていいですよね。

 

さてフェス会場にはステージが2つあり、1つはお座敷スタイルの『囲炉裏の間ライブステージ』、もう1つは屋外にある『櫓DJステージ』です。会場自体はこじんまりとしており、2つのステージ間は徒歩5分くらいで行ったり来たりできます。とりあえず雰囲気を掴むためにステージ間をあっちこっちしたり、フードブースでとんちゃんつまみにお酒を飲んだり、ウッドクラフトの完成度の高さに感激したり、バックで流れる音楽を聴きながら楽しんでおりました。
※ちなみにウッドクラフトでは西 楽人さんの作品が印象深かったですね。木でできたワイングラスを手に持った感じが柔らかく、これで家で晩酌したいなぁとすごい思いましたね。結局、財布と相談して諦めたんですが、買えばよかったかなぁ。。。

ZEN LA ROCK

さて一発目のステージはZEN LA ROCKのライブを観ることに。ZEN LA ROCKのライブを観るのは『第2回 今夜が田中面舞踏会』(→過去エントリー)以来でした。今回の編成はJoy McRAW&ひーやんの2人のダンサーを従えてのステージでした。大きくはないステージながらもキレッキレのダンスを披露しており、早い時間帯ながらもフロアをロックし始めたのが印象的で、ここから一気にこの後の時間帯を盛り上げていった感じですね。セットリストも”NEW JACK UR BODY”、”ICE ICE BABY”、”GET IT ON!!!!!”といった代表曲や、トラックダウンしたばっかの新曲という”HEAVEN FORNIA”も披露。あと特筆すべきはPUNPEE、tofubeatsと製作したという”MIDNIGHT DELIVERY”がかっこよかった!音源化を期待やで。

ザ・なつやすみバンド

囲炉裏の間ライブステージへ移動して、次に観たのはザ・なつやすみバンド。昨年来からずっと観たいなあと思っておりましたが、ようやく叶いました。観た感想としては、ノスタルジックな音を鳴らすバンドという印象を勝手に抱いていたんだけれど、実際はもっとある種の神聖さを感じさせるというか、Vo中川理沙の歌声の透明感がそれを際立たせているのかなと思いました。あとはMC sirafu氏のスチールパンの音色が気持ちよすぎた。お座敷で、お酒も入って、しかも縁側からは気持ちいい風が吹いてきて、抗えるはずもなく、トローンと気持ちよくなりすぎましたよ。僕だけでなく回りを見渡すと気持ち良さげに寝ている人多数いました。ちなみになつやすみバンドですが、昨年に続き2年連続の出場とのこと。さらに前の年はうつくしきひかり(中川理沙+MC sirafu)で出演していたとのこと。そんなわけでFUKUNEには欠かせないバンドになっていってほしいですね。

サイプレス上野

なつやすみバンドの後はサイプレス上野のライブを観るため急いで櫓DJステージへ。ロベルト吉野不在でどうするのかと思ったけれど、この日バックDJを務めていたのは同じZZ Productionのビート武士。サ上とロ吉のライブを観る機会がほとんどないのではっきり比較することはできないけれど、DJが違うことによる違和感みたいなのは特に感じなかったです。ライブもMCもいつも通りにユーモアもあり(『飛騨の夜空でいちばん光る星を見つけたら、それがロベルト吉野だ』と言ったり、LUVRAW&BTBの状況をサ上とロ吉になぞらえてみたりね)、彼(ら)のライブはエンターテイメントに溢れたものであってほしいなと思います。例のビーフ(?)を意識した発言もあったけれど、ぶっちゃけサ上ほどビーフの似合わないラッパーもいないというのが正直な感想なので。”横浜×藤沢 酒飲みRAP”ではZEN LA ROCKをステージに呼び込み一緒にやったり、毒霧を吹いては口から出した氷を子供にぶつけてマジ謝りしつつ「その子はグレるぜ〜」と言ってるのを観ていると、彼にはライブや音源を通して”HIP HOPミーツ オール グッド 何か”を体現していってもらいたいなと思うんです。そんなこんなでフロアも温めつつ最後は太陽に向かって、”ヒップホップ体操第二”を皆で踊りましたと。

柳田久美子

ここでサイプレス上野のステージは終了したのですが、次のDJに変わるやいなやステージにお姉さんが乱入。僕は存じ上げなかったのですが、出演者でもある柳田久美子さんでした。君のせいなんだ(tofubeats remix)に合わせ、”ヒップホップ体操第二”の天に向かって何度も身体を伸ばす動作を観て思った。好きかも。ぶっちゃけ萌えたで。そのまま持参したCD-Rをフロアに配り始めたので、僕も思わず受取りに行ってしまいました。可愛いイラスト&FKUNE 2014と文字書きされた手作り感満載のCD-R。家に帰って聴いてみると、FUKUNEについて歌った唄でした。のほほんしてたで。

夕飯

時刻はちょうど17時過ぎ。一旦僕等は旅館へ戻り夕飯を頂くことに。飛騨牛のステーキに、ニジマスの塩焼きに、地鶏のたたきとめっちゃ豪華でした。ちなみにイチオシは岩魚の骨酒。岩魚の出汁の出た熱燗をグイッと頂く至福に勝るものなしでした。

片想い

夕飯を頂き、フェス会場へ戻った僕らが向かった先は囲炉裏の間ライブステージです。実を言うと、このFUKUNEフェスへ来たいと思ったきっかけは、片想いのライブを観たいと思ったことが始まりなのです。昨年聴いたアルバムの中でダントツに良かったのが片想いの”片想インダハウス”だったこともあり、一度生でライブを観てみたいと思っていたのです。そしてちょうどそのタイミングでFUKUNEフェスの開催と片想いの出演のアナウンスがありました。「絶対これは良くなる!」という直感(?)もありFUKUNEへ行くことを決めたわけです。 さてライブはホルンの大河原明子を除く7人編成でスタート。知ってる曲も初めて聴く曲もあったけれど、Vo片岡シンの朗々と歌う様を聴いてると、知ってる知らない関わらず楽しくなってくるから不思議なところ。唯一浴衣を着て歌っており、途中で上を脱ぎ初めて客席が「おおっ!」ってなった瞬間に中からTシャツ出てきたときの残念感や、”ひかりの中からこんにちわ”でのおやっさんのくだりで、オチが「財布はツモリチサト」なのと言った瞬間のスベった感も含めて、楽しませてもらいました。中盤ではなつやすみバンドの3人を呼び込んで、聴こえてきたのはあのイントロ!”踊る理由”!!これが聴きたくてここまで来たんだなぁとしみじみしてしまいました。その後はまさかのスタンディングで”踊れ!洗濯機”&アンコールをやらせて下さいと言って始めた”山の方から来てくれればいいのに”の2曲。何でもFUKUNEで観客を立たせたのは今年の片想いが初とのことらしい。時間は40分弱でしたが、密度の濃ゆいステージでした。

bonobos

久しぶりに観たbonobosのステージ。1曲目から”THANK YOU FOR THE MUSIC”を演奏してくれたのは嬉しかったなぁ。

湯庄 福地館 温泉

その後は疲れも溜まっていたので、途中で抜けて福地館へ戻り露天風呂へざぶんと。熱めのお湯が気持ち良かったっす。実を言うとこの日初めての温泉。幸か不幸か、観たいアーティストがうまくばらけていたので、もらい湯手形を使って温泉へ行く機会を逃していたんですね。それでもフェスを十二分に楽しめたから良いかなとも思うし、でも別の温泉へ行ったら行ったできっと良かったんだろうなとも思うし、難しいところですね。温泉につかってその日の雰囲気を思い出しつつ、疲れも取れて最高のフェスだなと実感しました。

福地温泉朝市

翌朝は旅館で朝食を頂いた後は、フェスの入場ゲート前にあった福地温泉朝市へ。くるみ餅やら羊羹やら実家へのお土産も買い、また上で紹介した舎湯で2度目の足湯も堪能しつつ、帰宅の途へ着きました。楽しかったで〜

※写真は明日以降、時間を見つけてぼちぼちアップします〜

 - ・ライブ, フェス, クラブイベント, ・国内旅行, ・温泉 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

初日の観客は3人!電気グルーヴ”ツアーパンダ2013″@Zepp DiverCity Tokyoを観た!

上野公園のパンダが2回交尾した奇しくもその日、お台場Zepp DiverCity …

箱根神社のお休処、権現からめもちで”俺のうどん赤”を食べた

U-1グランプリなるイベントがある。僕は知らなかったのだけれど、日本全国のうどん …

宮城県で松島観光&遊覧船に乗りました

宮城旅行もやっと4本目のエントリーです。 仙台に着いた翌日、午前中は石巻へ行き、 …

南阿蘇の自然派レストラン、イロナキカゼで大地の恵みを食べた!

奄美〜人吉と続いた旅行は、熊本の街を経由して、とうとう阿蘇へ。地産地消を推進して …

no image
『NO NUKES 2012』に参加してきた!

千葉は幕張メッセで開催されたNO NUKES 2012に参加してきました。フェス …

no image
FREEDOMMUNE 0<ZERO> A NEW ZERO 2012へ行ってきた!(後半戦)

FREEDOMMUNEもいよいよ後半戦!(前半戦はこちらのエントリーから。)この …

clammbon 2011 「ドコガイイデスカツアー」in 薩摩伝承館を観た

薩摩伝承館で行われたクラムボンのライブへ行ってきました。去年のよみうりランド以来 …

キューン20イヤーズ&デイズ 電気グルーヴ / ギターウルフ @恵比寿リキッドルームを観た

キューンレコード20周年ということでキューン所属のアーティストを迎え、リキッドル …

日比谷オクトーバーフェストから2012 TOUR OF JAPAN DJ HARVEY@eleven行ってきました!

とにかくパーティーを続けよう、どうもちんちくりん(@Arumokt)です。 日比 …

カクバリズム 10years Anniversary Special@新木場STUDIO COASTへ行ってきました!

前日の田中面舞踏会3に続き、翌日は新木場STUDIO COASTで開催されたカク …