Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

銀杏BOYZ “君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命”, “DOOR”のレコードを買った!

      2018/04/14

先週ついに、ずっと好きだったバンドのレコードをゲットした。銀杏BOYZ の”君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命”、 “DOOR”の2枚。(なぜ今さら!?)

某レコード店で売れ残っていたものを7年越しでゲット!(つまりは新品&定価!)当時はターンテーブル持ってなくて普通にスルーしてて、ターンテーブル買ったら買ったで、売り切れ&高騰という感じ。まあ銀杏BOYZ含めパンクミュージックをほとんど聴かなくなってしまったので、それならそれでいいやとは思っていたんだけれどね。そんな状況が一変したのは3ヶ月前のこと。

なんとこのレコードが新品のまま売られていたのを発見した!もちろんテンション上がって、こりゃ買いかな〜とか思ったもののまたもやスルー。。。実はこのアルバム、自分がいちばん音楽聴いてた時期に、いちばん好きだったアーティストの唯一のアルバムなんです。そんなわけでソラで唄えちゃうくらい聴きまくってるし、もちろん聴き飽きちゃってるし、レコードなら音が良いかなとは思うものの、曲によっては全然音質こだわってなかったりするし、(あと結婚したら自由に使えるお金ないしで、)やっぱりスルーしちゃったんだよ!

ところが最近、大槻ケンジの”グミ・チョコレート・パイン”を読み始めた。初めて読んだけどかなりおもしろい!(その話は別のエントリーででも書きたいなー。)銀杏BOYZの曲の歌詞にもそういや出てきたなーとふと思い出して、久々に聴きたくなって、なんかレコード欲しいぞ!と思い始めたのがそのきっかけ。ということで今レコード聴きながらこのエントリーを書いている。(”君と僕〜”から聴き始めて、今”DOOR”の援助交際!)今聴いても、やっぱり名盤だと思います。

ボーカル峯田がGOING STEADYを解散して銀杏BOYZを結成したのが2003年(もう10年前か!?)、結局はギターがアサイタケオからチン中村に変わっただけだけだった。アルバムリリースは解散からちょうど2年後の2005年、トラックリストを見るとゴイステ時代の曲もちらほら。銀杏はゴイステの延長なのか!?否、全くの別物。

GOING STEADYと銀杏BOYZのいちばんの違い、思うにそれは歌詞だと思う。銀杏BOYZでは”戦争”と”平和”という言葉がちょくちょく出てくる。

“アンチ愛と平和(十七歳(…cutie girls don’t love me and punk.))”
“なんて悪意に満ちた平和なんだろう(なんて悪意に満ちた平和なんだろう)”
“戦争反対って言ってりゃいいんだろう(人間)”

こうして見ると、かなり冷めた視点で”戦争”も”平和”も見ている印象。平和ボケした日本人がいくら戦争反対を叫んだって、どうせ他人事。そう言ってるかのよう。じゃあ何が峯田にとって”戦争”と”平和”なのか。

“悲しい事件や争いごとが世の中にいっぱいあるけど 君がそばにいてくれたらもう平和なのさ(SKOOL KILL)”
“世界の終わりさ、第三次世界大戦さ ヒットラーみたいな奴に君はさらわれてしまう(あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す)”

好きなあの娘が自分の近くにいることが平和であり、それが脅かされることこそが峯田にとっての戦争なんだと思う。かなりスケールの小さい話だと思うだろうか。そうは思わない。

広島 江田島や鹿児島 知覧には特攻隊として亡くなった方々の遺品を展示した資料館があり、大学時代、社会人になってから訪れたことがあった。そこには家族や恋人に宛てた手紙もあって、どの手紙にも残された人達への感謝と幸せを願う文面が綴られている。戦争中の、しかもこれから死にに行くという状況の中で、最期に願うこと、それがすなわち平和ということなのかなと。そんなことを訪れた際に感じた。戦争と音楽を同列に語るなとの指摘もあるとは思うけれど、峯田のメッセージは普遍的であり、本質を突いていると思う。

アルバムリリースから7年、銀杏BOYZが開店休業みたいな状態のまま、いつしか僕も追っかけることをやめてしまった。その間、社会も大きく変わり、特に3.11以降の状況は混沌として、戦争のようなものなんじゃないかって気さえする。平和に潜む悪意もどんどん増えてる気がする。そんな今だからこそ、銀杏BOYZにはまた音を鳴らして欲しいと、レコードを聴きながら思うのでした。

2014.2.15追記
9年振りの新作”光のなかに立っていてね”を聴きました。レビューをこちらのエントリーに書いています↓

銀杏BOYZ “光のなかに立っていてね”を聴いた

(関連エントリー)
AIR JAM 2012へ行ってきた! | Aso Parade

 - ・音盤紹介 , , , , , , , , , , , ,

ad336

ad336

Comment

  1. Nowpie (なうぴー) J-POP より:

    銀杏BOYZ 最新情報 – Nowpie (なうぴー) J-POP

    銀杏BOYZ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

電気グルーヴ “人間と動物”を聴いた!

3年振りの電気グルーヴのアルバム”人間と動物”が先週リリ …

U-zhaan × rei harakamiの川越ランデブーを聴いた

川越の隣町出身のちんちくりんです。 今年1月の七尾旅人のリトルメロディツアー(過 …

haruka nakamura “MELODICA”を聴いた

Hydeout Productionよりリリースされたharuka nakamu …

銀杏BOYZ “光のなかに立っていてね”を聴いた

銀杏BOYZの9年振りのアルバム”光のなかに立っていてね&#8221 …

クラムボン “yet”を聴いた

Newアルバム”triology”をリリースしたクラムボ …

電気グルーヴ “TROPICAL LOVE”

前作”人間と動物“から4年振りのリリース。最初このアルバ …

SHAKKAZOMBIE – S-SENSE 2000

SHAKKAZOMBIE “JOURNEY OF FORESIGHT …

Nujabes×Shing02 “Luv(sic) Grand Finale / Part 6″を聴いた

3月も終わりですね。ちんちくりんです。 Nujabes×Shing02のコラボ、 …

no image
MENTAL REMEDY – THE SUN, THE MOON, OUR SOULS

 Mental Remedyの『The Sun, The Moon, Our S …

KAT MANDU “THE BREAK”を聴いた

完全にジャケ買いです!トラとターンテーブルのジャケット、かっこ良すぎる!でも聴い …