Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

haruka nakamura “MELODICA”を聴いた

      2018/04/14

Hydeout Productionよりリリースされたharuka nakamura の3rdアルバム、“MELODICA”を聴きました。これがもう、ほんとに心地よくて先週買って以来、ずーっとリピートしています。郷愁を誘う、どこか懐かしさを感じさせる音、それでいて情景がありありと浮かんでくるような、そんな音が詰まったアルバム。

 

haruka nakamura / melodica

 

 

 

まず正直に言うと、僕はharuka nakamuraというアーティストについて、ほとんど知らない。Hydeoutのイベントで何度か観たくらい。アルバム単位で聴くのもこれが初。このアルバムを手に取った理由も、Nujabesの未発表音源について惹かれたからというのが一番の理由。あとはHydeout Proおなじみのアーティストがいろいろ客演しているからかな。そんなわけで過去のアルバムとの比較はできないけれど、聴いてみるとHydeoutのカラーをまとった一枚と言えます。

NujabesをフィーチャーしたM1“Lamp”ではギター、鍵盤、フルート、ビートが有機的に絡み合い、一気に目の前の世界が開けていく感覚を覚える。と同時にNujabesのビートにある種の懐かしさがこみ上げてくる。

続くM2の“Aurora”では坂本龍一の曲をサンプリング(曲名不明。誰か元ネタ教えて。)しており、 ループさせたトラックの上に生の楽器の音色を重ね合わせた音像は、オーロラというタイトル通りにまさしく揺らいでいるかのよう。中毒性高くて困る。

M8にはLuv(sic) pt2のアコースティックverが収録されており、Shing02のラップはこのために新録されています。(ちなみにUyamaさんも参加してます。)これはこれでスペシャルではあるのだが、それよりもSubstantial, Cise Starr, Pase RockをフィーチャーしたM3, M6, M10をよりプッシュしたい。どのアーティストもこのアルバムの世界観を十二分に汲んでラップしていて、うまく馴染んでいるんですよ。

特にPase Rockをフィーチャーした”Fragrance like home”という曲が素晴らしい。メロウなトラックは主張しすぎることはなく、それでいて優しく包み込むような懐の深さを感じさせる。Pase Rockも過去のライブを観るからに相当アクの強いアーティストだと思うんだけど、ここではまるで優しく語りかけるかのようなラップを聴かせてくれます。そしてそんなトラックとラップが波のように付かず離れず絡み合い、ばっちりハマってるんですよね。このアルバムで1,2を争うくらいに好きな曲です。

ラストは再びNujabesをフィーチャーした”Let go”。残念ながら、2人で完成させるとこまでは至らなかったらしいけれど。それでもここから聴こえる音はビートと生音の高次元での融合、つまりはNujabesが目指していた場所なんじゃないかとも思えるのです。それだけで、Nujabes好きな1リスナーとして嬉しいし、これを作り上げて届けてくれたharuka nakamuraにホントに感謝です。これから先何年も聴き続けられるような名盤だと思います。

最後に、ぜひアナログを切ってほしいなぁ。。。

【関連エントリー】
ビートと生音の高次元での融合という意味で、Nujabesのベストワークスだと思っています。Uyama Hiroto – Homeward Journey (Nujabes edit)のエントリーはこちら

 - ・音盤紹介 , , , , , , , , ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

The Associates “From The Ground Up (Nujabes Remix)”を聴いた

先日のNujabes Eternal SoulにてSPIN MASTER A-1 …

清竜人 – MUSIC

興味はあったもののちゃんと聴いたことの無かった清竜人。安く売ってたこともあり購入 …

EVISBEATS – いい時間 / ゆれる feat. 田我流

最近、個人的に田我流が激アツです。2ndアルバム”B級映画のように2 …

銀杏BOYZ “光のなかに立っていてね”を聴いた

銀杏BOYZの9年振りのアルバム”光のなかに立っていてね&#8221 …

田我流 “B級映画のように2″を聴いた

先月の田中面舞踏会だったり、TREAMでも猛プッシュしてたりで、最近すごい気にな …

電気グルーヴ “人間と動物”を聴いた!

3年振りの電気グルーヴのアルバム”人間と動物”が先週リリ …

宇多田ヒカル “DEEP RIVER”のレコード購入しました

ターンテーブル買ってから好きだったアーティストのアルバムをレコードで買い直すこと …

曽我部恵一 – サマーシンフォニー feat. PSG

うだるような夏の暑さが続いているけれど、最近は夕方になるといくぶん涼しくなったよ …

SIMI LAB – Page1: ANATOMY OF INSANE

SIMI LABの1stアルバム”Page1: ANATOMY OF …

片想い 『踊る理由』を聴いた

片想いの7inchシングル from カクバリズム。楽しくて賑やかで多幸感に溢れ …