Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

タモリカレーを作りました!噂に違わぬ美味しさに感動!!

      2017/04/29

美味しいカレーがあると聞けば食べ歩きつつ、備忘録も兼ねてブログに書いたりしております

タモリカレー

料理の腕もプロ級のタモさんが作るカレー、その名もタモリカレーなるものが’あると知ったのは1年ほど前になるだろうか。『なんだそれは!?作ってみたいぞ!』と思いつつ、レシピを見たらカレー粉使ったり、聞き馴染みのない調味料を使っており、そのまま敬遠しておりました。ただ久々に思い出してレシピを見返してみたら、意外と自分でも作れるんじゃないかということで、一念発起して作ってみました。その結果は如何に!?調理に際しては、こちらのサイトを参照しました↓

材料

カレー粉(※1)
ターメリック
クミン
マンゴーチャツネ
鶏もも肉
赤ワイン
ホールトマト
炒め玉ねぎ(※2)
ニンニク(すりおろし)
生姜(すりおろし)
牛乳
ヨーグルト
とろけるチーズ
ジャガイモ

砂糖
醤油

※1 カレー粉はインデラ缶が良いとのことすが、近所のスーパーに無かったのでそれっぽいので代用しました。
※2 こちらも見当たらなかったので、生の玉ねぎを炒めるとこからやりました。

レシピ

基本は、上記サイトのレシピに則って作っています。

カレーのルー

1. バットにカレー粉、ターメリック、クミンを合わせ、一口大に切った鳥肉にもみこみます。

2. フライパンにサラダ油をひき、鶏肉の表面に軽く火が通るくらい焼きます。

3. 鍋にお湯を沸かし、2で炒めた鶏肉を入れます。
4. 3の鍋にマンゴーチャツネ、赤ワイン、ホールトマトをつぶして加えたものを煮込みます。

ホールトマトはミキサーにかけてから入れるのが正しいみたいだけれど、ミキサーなかったので粗くつぶして入れました。

5. 玉ねぎを炒めつつ、火が入ってきたところですりおろしの生姜&ニンニクを加え混ぜ合わせながら炒めます。ニンニク、生姜の香りが立ってきたら、カレー粉、ターメリック、クミンを加え、さらに、牛乳、ヨーグルトを加え、ペースト状になるまで炒めます。

本家レシピでは炒め玉ねぎを推奨していたけれど、生の玉ねぎから炒め始めたせいか、途中から焦げ始めて焦ったで。。

6. 4の鍋に、5のペースト、醤油、砂糖、とろけるチーズを加え、半葢で煮込みます

ちなみにこの時点でスープをすすってみたら『薄っ!』って感じで作り方間違ったか?と不安になりましたが、このあと2時間煮込んで水分を飛ばすことになるので、間違ってはなかったようです。

7. 煮込み開始から2時間強煮込んだら塩で味を調え、最後に15分強火で煮込み完成です!

マッシュカレーポテト

1. よく洗い芽を取ったジャガイモを皮付きのままサランラップに包み、電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。
2. 熱々のうちに、ふきんにくるんで皮をむきます。
3. マッシャーでジャガイモをつぶし、カレー粉、塩、牛乳を加え、よく混ぜ合わせます。

実食

ということで実食です。カレー、マッシュポテト、ご飯を盛り付けました。

食べるときはぐちゃぐちゃにかき混ぜましょう。(ビジュアルがアレなのはご勘弁。)

肝心の味はと言うと、、、、、、、

美味い!!!!

鶏肉がほろほろの繊維状になっているんだけど、これが柔らかく、かつ、スパイスの味が効いてて、クセになる!!あとマッシュポテトも良いです!!このカレーのいちばんびっくりした点、それはカレー、マッシュポテト、ご飯の化学反応という点です。カレーのスパイシーさと鶏肉の食感、マッシュポテトの甘さ、あとご飯を一緒に食べたときのハーモニーは何とも言えない感動がありました。(ちなみに自分の料理の下手っぴさは棚にあげて言うと、、、単品で食べたときは感動するほどでは無かったんですよ。)あと嫁も感動していたみたいなので、良かった良かった。

反省点

というわけで美味しいカレーができたので良かったので一安心ではあったけれど、次回はより上手く作れるように反省点を備忘録として挙げておきます。

1. 煮込み開始までに時間がかかってしまった
1人で作っていたんだけれど、鍋に入れるペースト作りに時間がかかってしまい、上のレシピ3〜6までの作業に時間がかかってしまいました。その分だけ水分が飛びすぎてしまったんじゃないかなという不安が残るところではあります。というわけで次回作るときは、先にペースト作りをやっておいても良いかなと。

2. 玉ねぎは焦がさない
これはそのまんまです。まあ慣れてれば良いんだけど、料理は得意でないので次回は炒め玉ねぎを探してみようと思います。

3. カレー粉のチョイスは大事
これは反省点というほどでもないけれど、カレー粉のチョイスはそれでも大事だと思います。というのも、鶏肉の下味付けも、カレールー作りも、マッシュポテト作りも、全てにおいてカレー粉を使います。逆に言えば、カレー粉次第で最後にできてくる味が決まってくるのではないかと。タモリカレーを忠実に再現するのであれば、タモさん推奨のインデラカレーを準備するのが良いかと思います。
(もしくは、個人的に好きなカレー粉があれば、それを使って自分好みの味付けにしても良いかなと)

というわけでタモリカレーを作ってみたというエントリーでした。噂に違わぬ美味しさでしたが、次回はもっと上手く作れる自信があるので、近いうちにまた挑戦したいと思います。

今回使用したカレー粉はこちらです↓

 - ・料理 ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした