Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S Day1 @六本木ヒルズアリーナ

      2018/04/09

どうも、一日六本木ヒルズ族、ちんちくりんです。

六本木ヒルズアリーナで行われた”J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S”へ行ってきました。このイベントですが、今年で五回目、しかも毎年プログラム・オーガナイザーを変えているとのこと。今回オーガナイザーとして選ばれたのは矢野顕子で、テーマは”風を作れ。雲を渡れ”とのこと。参加アーティストも矢野顕子自身が全て選んでいるとのことです。過去にライブを観たことがあるのは原田郁子だけで、それも相当久しぶりだし、その他のメンツは初めてということで、楽しみにして参加してきました。

会場はこんな感じ↓ 青い部分がステージのバックです。階段のとこにも人がいました。六本木という立地にしては解放感ありますね。

さて、当日は朝10時から会場のまさに隣で開催中のももクロ大冒険を観に行ってたおかげで、ライブも一発目から観ることができました。ということで、いつも通り時系列で感想でも。

松本淳一
アーティストも知らなければ、ライブももちろん初体験。今回のライブではこの彼を核としていろんな編成で行われました。ソロあり、弦楽器×4のsuisaiカルテットと演奏したり、テルミン、オンドマルトノ(?)を加えたMATOKKU名義で演奏したり、最後には全員で演奏したりといった具合に。個人的に興味深かったのがテルミンという楽器。名前は聞いたことがあるくらいで、実際に演奏に使われてるのを見るのは初めて。演奏方法もだし、そこから鳴る音も不思議な感じでおもしろいなぁと。バンドサウンドの中でも機能してたし。多分いろいろ引き出しありそうだなと思いつつ、これからの活動に注目したいと思いました。

セットリスト
1. DANCE
2. あるきだす
3. リボンがふわふわとして
4. ハナソーヨ
5. 雲カラ光
6. NEWDAYS
7. april (仮)

原田郁子
クラムボンやフィッシュマンズではちょくちょく観てたりするけれど、ソロとなるとホントに久しぶり。(思い起こせば、2009年のDe La Fantasiaというイベントが最後だった。)今回のライブでは、アフリカのコラという楽器の演奏するWill、スティールパンのトンチという三人編成。

さてライブですが、持ち時間をフルに使っての”青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている”、”あいのこども”、”銀河”という長尺ナンバー×3曲という構成でした。一音一音、確かめるように丁寧に音を鳴らしていたのが印象的でしたね。また郁子ちゃんが観客に聴かせたいということで、特別にメンバーに加えたWill氏の奏でるコラの音色が良いアクセントになっていました。(”あいのこども”とか凄い良かったです)

あと個人的には、前日(5/2)が清志郎の命日ということもあり、銀河を演奏してほしいなぁと思っていたのですが、事実やってくれたのは嬉しかったですね。ただ結構アレンジされていました。原曲はよりミニマムに、規則的かつシンプルなリズムの中で鳴っているイメージですが、今回はもっと変則的に、軽やかに鳴らしている印象でした。清志郎不在ということを抜きにしても、原曲の完成度にはまだまだ及ばないなとは思いましたが、模索しながら演奏してる過程が観れたのは良かったなと。

セットリスト
1. 青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている
2. あいのこども
3. 銀河

大貫妙子
聴きながら気持ち良さに誘われて夢の中へ。。。

Ovall
こちらも初体験です。なんでも朝霧ジャムとかその他ロックフェスにも出演経験あるらしいですね。MCで、レイハラカミが彼らの音を聴いて、矢野顕子に引き合わせていたと話していましたが、それが今回の出演のきっかけにつながったみたいですね。

ライブはOvall+キーボード佐久間淳の4人編成でした。最初の方は演奏観ながらフンフンと聴いてたんですが、中盤くらいに披露した曲から一気に引き込まれていきましたね。長尺の曲なんですが、夜の雰囲気に合いそうなアーバンな感じの曲でジワジワくる感じでした。(スペアザの”All Things”とか好きな人は間違いなくハマるのではないかと。)そこからは彼らのグル―ヴを十分堪能しました。Ovall要チェックですね。次ライブを観るときは晴れた日にビール片手に観たいです。(当日は雨でちょっと寒かったので。。)

セットリスト
1. Mary(Flying Beats)
2. Meaning Of Love
3. Beautiful Love
4. Moon Beams
5. Moon Beams (Reprise)
6. Feverish Imagination
7. Take U To Somewhere

細美武士
人多すぎてイスに戻れなかったため離脱。

yanokami
今回のライブでいちばん楽しみにしていました。で率直な感想を言うと、ハラカミのトラックがこうして鳴っているということだけで、すごい嬉しかったなと。もちろんライブ自体も素晴らしかったんですけれどね。矢野顕子がホント楽しそうに歌うのを観ながら、ハラカミの作るトラックの懐の深さにビックリもしたり。

MCでは『この辺に(矢野顕子の左手側)にもう一人いるんですけど、1年ほど前から行方不明なの』と言ってたのが切なかったけど、それでもハラカミの音は変わらずこうして鳴り続けるんだね。

ライブでは、コンテンポラリーダンサーの森下真樹を迎えてのパフォーマンス。NYで彼女のダンスを観て矢野顕子が一緒に演りたいと思い、今回のステージにつながったとか。シャンプーの成分に合わせてポーズを決めながら踊るのがおもしろかったりびっくりしたり。

最後、アンコールは”気球にのって”だったのですが、森下真樹が2つ風船を持ちながらステージの上を下を踊りながら、曲の終わる瞬間に風船を1つ矢野顕子に手渡してフロアを向いたときは、とても感動的な瞬間だったなと。(百人組手でも曲の終わりに飴屋法水が七尾旅人の頭上に傘を掲げて、やっぱりそれが感動的だったことを思い出しました。)ひとつのアートとして完成したのを見た気がします。

1. Don’t Speculate
2. David
3. Ruby Tuesday
4. 東京コシツ
5. 瞳をとじて
6. ばらの花
En. 気球にのって

ということで、以上です。僕は一日だけの参加ですが、すごい楽しみました。来年にも期待です〜

(関連エントリー)
ももクロ大冒険 -遥かなる紅白神殿- @六本木umu | Aso Parade

フィッシュマンズ ”A Piece Of Future” @日比谷野外音楽堂 | Aso Parade

 - ・ライブ, フェス, クラブイベント , , , , , , ,

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

“安藤裕子 2011 ACOUSTIC LIVE in 熊本市男女共同参画センター はあもにい”を観た

ねえやんこと安藤裕子のアコースティックライブに行ってきました。ねえやんのライブは …

キューン20イヤーズ&デイズ 電気グルーヴ / ギターウルフ @恵比寿リキッドルームを観た

キューンレコード20周年ということでキューン所属のアーティストを迎え、リキッドル …

岡村靖幸×七尾旅人の共演も!OL Killer presents “WIFE” vol.3 @渋谷WWWを観た!

クリスマスイブイブの昨日、渋谷WWWで行われたOL Killer present …

no image
MANU CHAO LA VENTURA JAPAN TOUR 2010@心斎橋クラブクアトロへ行った

MANU CHAOのライブを観に心斎橋クラブクアトロへ行ってきました。(来日公演 …

蓮沼執太フィル ツアー2014「時が奏でる、そして僕らも奏でる」を観た

蓮沼執太フィル ツアー2014「時が奏でる、そして僕らも奏でる」のツアーファイナ …

コエドビール祭 2013へ行ってきました!

いろんなとこでオクトーバーフェストやらビール祭りやら開催されておりますが、やはり …

no image
SPECIAL OTHERS “G.M.C 2011(Global Music Center 2011) @Zepp Tokyo”を観た

 Special Othersのライブへ行ってきました。ハコはZepp Toly …

no image
KAIKOO POPWAVE FESTIVAL ’10@晴海埠頭ターミナルに行ってきました

KAIKOO POPWAVE FESTIVAL ’10に行って来まし …

お台場で開催されたStarFes. 2012へ行ってきました!

ヴィーナスフォート裏のお台場特設会場にて開催されたStarFes.へ参加してきま …

SPECIAL OTHERS QUTIMA Ver.15 Tour “Have a Nice Day” @Zepp DiverCity TOKYOを観た!

最新アルバム”Have a Nice Day”を携えたワ …