Aso Parade

さいたまシティ在住 2児の父ブログ

坂口恭平 新政府展 @ワタリウム美術館へ行ってきた!

      2013/11/23

青山のワタリウム美術館で開催中の『坂口恭平 新政府展』へ行ってきました。

まず坂口恭平については、Wikipediaから抜粋した下記参照↓
——————————————————————————————————–
建築家・作家・絵描き・踊り手・歌い手。熊本県出身。
卒論にて路上生活者の家を建築学的に調査したレポートを発表。それをもとにした写真集『0円ハウス』(2004年)を皮切りに、『東京0円ハウス0円生活』(2008年)、『隅田川のエジソン』(2008年)、『TOKYO一坪遺産』(2009年)、『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』(2010年)とフィールドワークにもとづく問題作を発表。
2011年3月の原発事故をうけて熊本に移住し、同年5月10日に「自殺者ゼロ」を公約にかかげる新政府を樹立、初代内閣総理大臣に就任する。3万2147人の国民(2012年11月1日現在)にむけて毎日、Twitterによる「新政府ラジオ」を発信している。
——————————————————————————————————–

抜粋したのは良いけれど、いまいち掴めない感あるな。でもまあ何となくおもしろそうな人だというのは伝わるのではないかと。

僕が彼を知ったのは『東京0円ハウス0円生活』がきっかけ。某ブログで取り上げられていて興味を持って読んでみた。ホームレスの生活とか家づくりに焦点を当てた一冊で、今までにない切り口にちょっと感動した。坂口恭平氏にも興味を持った。加えて僕が彼に少なからず親近感を抱いているのは、彼が熊本に新政府を樹立したことにある。ちょうど仕事で熊本に駐在していた時期だったので、『熊本にか!?』と思った記憶がある。その後、僕は熊本から神奈川へ戻ってきてしまったけれど、彼の名前はTwitterとか様々なとこで見たりしていた。たいていはおもしろそうなことをやっている印象。

今回彼の新政府展を訪れたきっかけも、そんな背景があったから。(年末年始に帰省したときに、たまたま都内の展覧会を調べてたら、新政府展がヒットしたというのもあるけれど・・・。)新政府展の案内HPはこちらから見られます。

これを見ると新政府展でも過去編と未来編があるらしい。過去編は2012/11/17〜12/7、未来編は2012/12/8〜2013/2/3。ちなみに僕が行ったのは未来編なので、過去編との比較はできません。さてワタリウム美術館に入ると、1Fが受付とお店、2-4Fがギャラリーでした。受付でお金を払うと入場券代わりにもらったのが↓のパスポート。期間中は何度も入国可能らしい。

2F → 3F → 4Fと進んで行き、各フロアの展示内容としては↓の感じだったと思う。
2F:秘密基地代わりの学習机(氏の原点)、年表(?)、ホームレス調査のフィールドワーク、モバイルハウス
3F:イラスト
4F:氏のメッセージビデオ、壁一面に殴り書きされたメッセージやら考えやらの相関図

いちばん印象に残っているのは4F壁に書かれた坂口恭平の思考の拡がりかなぁ。『なぜ人間だけがお金がないと生きのびることができないのか。そして、それは本当なのか。』とか『車のバッテリーでほとんどの電化製品が動くのに、なぜ原発をつくるまで大量な電気が必要なのか。』という疑問から広がっていく思考の様は、彼がなぜホームレス調査のフィールドワークを始めたのか、なぜ熊本に移住して新政府を作ったのか、なぜ0円で生活しようとしているのかということの原点(初期衝動?)を垣間見た気がしました。そして彼のゼロセンターがこの先、どんな風に展開して行くのか、どのようにそれらの疑問に回答していくのかが非常に興味を持ったところでもあります。
と同時に、これらの疑問は彼1人のものでなく、各人がこの先向き合わなければならないものだとも痛感しました。震災以降の悪化する状況の中で、これらの回答を他人任せ(政治家任せ?)とするのはかなりリスクがあるものだと思います。

ということでいろいろ考えた展覧会でしたが、坂口恭平という人にさらに興味を持ったというのが率直な感想です。展覧会を見終わった後には『独立国家のつくりかた』も購入しました。また読み終わったら感想でも紹介したいですね。

 - [イベント・展示企画]

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ビルバオのグッゲンハイム美術館と巨大な子犬「パピー」を観た

旅行のエントリーも3本目、ちんちくりんです。 スペイン サンセバスチャンでのミシ …

太田好治×クラムボン スライド展 「A DAY/ 110930_111103」

先週のお話、太田好治×クラムボン スライド展 「A DAY/ 110930_11 …

no image
小沢健二「我ら、時」展覧会とポップ・アップ・ショップ

パルコミュージアムで3/16より開催されている小沢健二 展覧会「我ら、時」に行っ …

no image
昭和のレコード デザイン展 @昭和のくらし博物館

東京大田区にある昭和のくらし博物館で今月いっぱい開催されている『昭和のレコード …

denimba展2016に行ってきました

“デニムバカのジーンズの色落ちを楽しむサイト denimba&#82 …